主催公演・イベント

  • 主催公演
  • ホールチケット

公演終了2018年12月07日(金)

第4回 音の杜コンサート

音の杜 Le Monde Nouveau

第4回目となるKitakyushu音の杜の会のコンサート、今回のテーマはLeMonde Nouveau! ~モンド・ヌヴォー新しい時代への挑戦~バロックから現代まで。
いろんなジャンルの組み合わせはもちろんバロック音楽と現代音楽の融合や、新しい音楽の形を築き上げた作曲家、新しい世界に挑戦した作曲家達にも焦点をあて、シンプルなものの組み合わせから、何か新しいものが生まれ、どんどん新鮮な広がりを見せていく音の杜コンサートならではのプログラム。知られざる傑作を発見するチャンスでもあり、そこから新しい音楽の世界に出会えるようなコンサートを目指します。

公演概要

開催日
2018年12月07日(金)
時間
開場 18:30
開演 19:00


会場
中ホール
メンバー
(ソプラノ)森野由み・岩崎佳子・小谷美佳
(メゾソプラノ)森園あや
(ピアノ)宮崎由紀子・吉田恵美
(ヴァイオリン)上野美科
(フルート)田室信哉
(ファゴット)浦野さやか
(テューバ)森山陽介
(マリンバ)島田亜希子
(打楽器)村岡慈子
(作曲・編曲)中村滋延


主催
株式会社黒崎コミュニティサービス
共催
北九州市・北九州市教育委員会
企画制作
Kitakyushu 音の杜の会

チケット情報

チケット発売日
チケット発売開始 9月1日(土)


チケット料金
全席自由 一般 ¥2,000
  (当日¥200増し)  
※未就学児1名まで膝上無料


チケット取り扱い
黒崎ひびしんホール  ☎ 093-621-4566
北九州ソレイユホール ☎ 093-592-5405
井筒屋小倉店      ☎ 093-522-2682

出演者プロフィール

Kitakyushu 音の杜の会


森の由み Soprano

西南女学院卒業。東京芸術大学声楽科卒業、同大学院ソロ科修了。文化庁オペラ研修所修了。文化庁在外研修員としてウイーンへ2年間派遣。ウイーン国立音楽大学オペラ科を首席で修了。ルチアポップ国際声楽コンクール第3位、エミー・デスティン国際声楽コンクール第1位及び最優秀賞。
北九州市文化大使。
http://www.yumi-wien.com
http://www.facebook.com/morinoyumi
   

岩崎佳子 Soprano

国立音楽大学教育音楽学科Ⅰ類専攻卒業。卒業後、高等学校、短期大学、大学での勤務を経て、2015年に演奏活動を再開。声楽の他、ピアノリサイタル、マリンバコンサート、創作オペラなどに朗読で出演。現在、声楽を上杉清仁氏に師事。豊岡短期大学講師、慶成高等学校非常勤講師。
   

小谷美佳 Soprano

大分県立芸術文化短期大学音楽科声楽コースを首席で卒業し、東京音楽大学声楽科演奏家コースに三年次編入をして卒業。同大学院独唱研究領域を首席で修了。在学中よりドイツリートに力を入れており、Mark Padmoreの公開マスタークラスの受講などをしてレパートリーの幅を拡げている。また、オペラでは、フィガロの結婚「伯爵夫人」、イル・カンピエッロ「ルシエータ」、夕鶴「つう」などを演じる。メディアでは、BSTBS「日本名曲アルバム」のサンシャインシンガーズのメンバーとして活躍。これまでに、釜洞祐子、野田ヒロ子、小森輝彦 、日比野幸、各氏に師事。東京在住。
   

森園あや Mezzo Soprano

福岡教育大学生涯スポーツ芸術課程音楽コース卒業、同大学院修了。声楽を大庭尋子、橋本エリ子、原尚志、河野克典の各氏に師事。第70回・第71回全日本学生音楽コンクール北九州大会声楽部門大学の部においてともに第3位を受賞、及び北九州大会受賞記念演奏会に出演。第23回クラシック音楽コンクール全国大会声楽部門大学女子の部入賞。同第26回全国大会第4位(1、2、3位該当者なし)。大学院修了時、成績優秀者表彰を受ける。シュトラウス作曲オペレッタ《こうもり》(日本語版)オルロフスキー役でオペラデビュー。バッハ作曲「クリスマスオラトリオ」「ミサ曲ロ短調」「ヨハネ受難曲」、ヘンデル作曲「メサイア」(モーツァルト版)、モーツァルト作曲「戴冠ミサ」等のアルトソロを務める。2017年福岡県西区主催、オペラ≪ヘンゼルとグレーテル≫にて公募児童合唱団の指導を行う。
現在NHK福岡児童合唱団MIRAI指導スタッフ。
   

宮崎由紀子 Piano

福岡教育大学・同大学院音楽科修了。ウィーン・ニース夏季国際音楽アカデミーマスタークラスにて研鑽。響ホール、西南学院大学チャペルにて、ピアノリサイタル開催。九州交響楽団と、シェーンベルグ協奏曲を演奏他,作曲家との新作初演、声楽・器楽・合唱団伴奏等、活躍中。
現在、大分県立芸術文化短期大学音楽科・西南学院大学・九州大学芸術工学部非常勤講師。
   

吉田恵美 Piano

パリ・エコールノルマル音楽院にて、J.ミコー氏に師事し、ピアノ第6学年・高等演奏ディプロム過程、高等室内楽ディプロム過程を卒業し、続いて高等コンサーティスト過程に1年在籍した。平行して5年間ジュネーヴのP.ロジェ氏の元で主にフランス音楽を学んだ。98年に帰国後は響ホールにて7回、その他東京、カンヌンなどでリサイタル。九響他と共演。
   

上野美料 Violin

桐朋女子高等学校音楽科、同大学卒業。澤和樹、有田正広、中野振一郎、A.Cox各氏、山下一史氏指揮宇部市民オケと共演。『NHK名曲アルバム』『デュフリ全集Ⅱ』『女神たちの饗宴』『詩人の夢』収録に参加。響ホール室内合奏団栄誉コンサートマスター。北九州グランフィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター。Mirage SQメンバー。山口県芸術文化振興奨励賞受賞。
   

田室信哉 Flute

ワージング、ワォーキング両音楽祭(英国)にて木管部門第一位受賞。英国王立音楽大学卒業後、ドイツに渡り2003 年日本帰国。現在、フルート講師をする傍ら、ソロ、室内楽での演奏と幅広く活動する。スーザン・ミラン、フィリップ・ブクリーらに師事。
日本フルート協会会員。北九州音楽協会理事。下関音楽人の会会員。北九州グランフィルハーモニー管弦楽団団長。
   

浦野さやか Fagott

大阪芸術大学演奏学科卒業。カールスルーエ音楽大学(ドイツ)卒業。同大学大学院修了。フライブルク音楽大学(ドイツ)アドバンス科修了。佐渡裕指揮「サン トリー一万人の第九」ユースオーケストラ選抜出演。カールゼーマンプライス入賞。フィルハーモニー・デア・ナチオーネンに在籍。日本をはじめ、ヨーロッパ、ロシア、中国、などで多くの音楽祭に出演。
   

森山陽介 Tuba

東邦音楽大学卒業。テューバを横井俊文、渡辺功、ウィーンにてJ.マイヤーホーファー、室内楽を澤敦、露木薫の各氏に師事。
第16回日本クラシック音楽コンクール第5位。第9回“長江杯”国際音楽コンクール第4位。ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、N響団友オーケストラ、読売日本交響楽団、九州管楽合奏団などのエキストラや、ミュージカル、レコーディングなど様々な演奏活動を行う。Brass Ensemble FUKUOKA主宰。北九州 Wind Ensembleメンバー。
福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校講師。北九州音楽協会理事
   

島田亜希子 Marimba

同志社女子大学学芸学部音楽科打楽器専攻卒業。同大学特別専修課程を修了。第1回KOBE国際学生音楽コンクールにて国際交流賞受賞。西日本新人紹介演奏会にて最優秀賞・福岡県教育委員会賞受賞。スロヴェニア国際マリンバコンチェルトコンクールにてファイナル入賞。
北九州市市民文化奨励賞受賞。
   

村岡慈子 Percussion

くらしき作陽大学音楽部打楽器専攻卒業。ソロからオーケストラ、ラテンまで幅広い演奏活動を行う。自然をテーマにした音づくりや、パフォーマンス作品に定評があり、教育や親と子のコミュニケーションをテーマにした活動を展開。劇団四季「ライオンキング」に出演。歌人「白蓮」音楽物語を作曲。九州管楽合奏団団員。
   

中村滋延 Arrangement

作曲家、九州大学名誉教授、相愛大学大学院客員教授。2001年の九州芸術工科大学(現・九州大学芸術工学部)着任を機に福岡・北九州を拠点に活動。作曲生活45年で交響曲5曲を含む約130曲を作曲。音楽や映像アートに関する著述・論文,新聞紙上での評論等の文筆活動も積極的に展開。
2010年福岡市文化賞受賞。
現在、宮澤賢治の世界をモチーフにした「交響曲第6番」を作曲中。他にこれまで書きためた自作品の整理改訂作業に熱中。
オフィシャルwebサイト http://nkmr1950.sakura.ne.jp/wp/

お問い合わせ

黒崎ひびしんホール
〒806-0034 福岡県北九州市八幡西区岸の浦2丁目1-1
TEL:093-621-4566 FAX:093-621-4522

PAGETOP