主催公演・イベント

  • 主催公演

2017年07月16日(日)

黒崎ひびしんホール開館5周年シリーズ

渡辺貞夫グループ2017コンサート

80歳を過ぎ、今もなお日本を代表するトップアーティスト渡辺貞夫が3年振りに黒崎ひびしんホールに登場します。

公演概要

開催日
2017年07月16日(日)
時間
開場 16:30
開演 17:00
会場
大ホール
メンバー
アルトサックス   渡辺 貞夫
Piano,Keyboard  小野塚 晃
Guiter        養父 貴
Bass  コモブチ キイチロウ
Drums       竹村 一哲
Percussion    ンジャセ・ニャン
主催
㈱黒崎コミュニティサービス
共催
北九州市・北九州市教育委員会

チケット情報

チケット発売日
友の会 4月22日(土)
一般   4月29日 (土)
※発売初日のみ窓口販売10:00~ 電話予約13:00~
チケット料金
一般        5,000円
友の会    4,500円
ペア券(2枚) 9,000円
高校生以下  4,000円
チケット取り扱い

黒崎ひびしんホール  ☎093-621-4566
北九州ソレイユホール ☎093-592-5405
井筒屋黒崎店      ☎093-643-5219
井筒屋小倉店      ☎093-522-2682
松田楽器店       ☎093-541-1886
北九州芸術劇場    ☎093-562-2655
チケットぴあ[Pコード:330-075] ☎0570-02-9999
ローソンチケット[Lコード:82506] ☎0570-084-008
        オペレーター予約   ☎0570-000-107 

出演者プロフィール

渡辺 貞夫  Sadao Watanabe / Alto Saxphone

1933年宇都宮生まれ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドに参加。バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。近年は国立音楽大学の招聘教授として次世代の育成に今日も力を注いでいる。2016年4月、オバマ前米大統領夫妻がホストとなり、ホワイトハウスで開催された「International Jazz Day 2016」に日本を代表して参加。5月「ボツワナ共和国独立50周年」、10月「日・ネパール国交樹立60周年」の記念事業として各国で「渡辺貞夫コンサート」を開催。12月、盟友デイヴ・グルーシン(p)を迎え、渡辺貞夫オーケストラ と共に1980年の“渡辺貞夫リサイタル・アット・武道館”を国内5都市で再現。多くのリクエストに応え、ライヴ盤「アンコール!」を今年5月にリリース。国内のみならず、海外に於いても精力的に演奏活動を行う生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に勇気と感動を与えている。
http://www.sadao.com/

小野塚 晃   Akira Onozuka / Piano,Keyboard

1967年生れ。18歳の時にプロとして活動を始め、数多くのアーティスト達のレコーディングに参加。その力強さと優しさを兼ね備えたプレイは、アーティストからの大きな信頼を得る。1992年には「DIMENSION」を結成し、これまでに29枚のアルバムをリリース。渡辺貞夫グループの一員として21年目を迎える今日では、グループの要となる存在である。
2015年は音楽生活30周年を迎え3枚目のソロアルバム「Kanto〜大空」をリリース。多方面のミュージシャンと精力的なLIVE活動を行なう傍ら、自己のピアノトリオで自身の音楽を追究している。
http://dimension-tokyo.jp/akiraonline/

養父 貴  Takashi Yofu / Guitar

1969年生れ。1988年バークリー音楽大学へ入学、ギターと作・編曲を学ぶ。帰国後は主にジャズ・フュージョン系のバンドに参加し、アルバムをリリース。現在は多くのアーティストのレコーディングやツアーに参加、ジャンルの垣根を越えた幅広い活動を行っている。2005年には初のソロ・アルバム ”FEELIN´RIGHT” を発表。インストラクターとして後進の指導も行っている。2009年から渡辺貞夫グループのメンバーとして国内外のツアーに参加。
http://www.takashiyofu.com/

コモブチキイチロウ Kiichiro Komobuchi / Bass

1966年生れ。15歳の時にチョッパーベースの演奏に感動し、ベースを始める。ライブハウスを中心にセッション活動を開始。90年代にブラジル音楽に傾倒し、ボサノヴァ黄金期の一人、ロベルト・メネスカルとの出会いを機にボサノヴァ生誕40周年コンサート に出演。ワンダ・サー、カルロス・リラ、ドリ・カイミ等の日本公演をサポート。現在は“サンバの力強いグルーブ”を信条に掲げ、様々なバンドで活動を展開している。
http://comobass.com/

竹村 一哲 Ittetsu Takemura / Drums

1989年札幌市生まれ。9歳からYAMAHAにてドラムを大山淳氏に師事。
2005年、中学卒業と同時にプロ活動開始。2006年、石田幹雄トリオで「横濱 JAZZ PROMENADE 2006」ジャズ・コンペティションに出場、グランプリと市民賞のダブル受賞。同トリオでCD発売。共演するプレイヤーの音楽性も幅広く、その活動範囲も札幌にとどまらず全国に広がっている。2010年に渡辺貞夫のツアーに参加。これからの活躍がますます期待される若手ドラマーである。
http://ittetsu2.web.fc2.com/

お問い合わせ

黒崎ひびしんホール
〒806-0034 福岡県北九州市八幡西区岸の浦2丁目1-1
TEL:093-621-4566 FAX:093-621-4522

PAGETOP